Copyright © 2011-2019
Japan Positive Psychology Association,
All rights reserved.

Contact

Address

〒113-0001
東京都文京区白山1-33-8-301

 

<郵便物受付>
〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-8-2  八木ビル301

2018年4月開講「JPPA第3期ポジティブ心理学プラクティショナー養成・認定コース」のご案内<お申込み受付終了>

次期開講は、第4期が大阪(初開講)で10月、第5期が東京で2019年4月となります。

2019年5月新開講
JPPA第1期ウェルビーイングプラクティショナー養成・認定コース

(PWPC・関西講座)のご案内

《第1期のお申込み受付は終了しました。第2期は2020年4月より開講します。講座のご案内は年内に掲載します。受講お申込みも年内より開始させていただきます》

ポジティブ心理学を「PERMAウェルビーイングモデル」で学ぶ
~「主観的ウェルビーイング」から「サステナブル・ハピネス」まで包括的に修得~

日本ポジティブ心理学協会(JPPA)では、設立以来、関西以南にご在住の方々より、東京以外のエリアでの講座の開講予定について数々のお問い合わせをいただいてきました。長らく、その実現可能性を模索して参りましたが、今年5月より、京都(場合により大阪)で、「JPPAウェルビーイングプラクティショナー養成・認定コース(PWPC:Psychological Well-Being Practitioner Certificate)」を新規開講させていただく運びとなりました。

関西講座では、ポジティブ心理学について、「ウェルビーイング」の切り口から集中的に学んでいただく6ヶ月間(全12回)完結型のコースとなります。初年度となる2019年度第1期は、ウェルビーイングを高めるための実践的介入法を習得していただく際に具体的な指標となる、マーティン・セリグマン(ペンシルベニア大学心理学部教授、ポジティブ心理学の創始者の一人)の「PERMAウェルビーイングモデル」をベースに、PERMAモデルの各構成概念について包括的に学習していきます。また、PERMAモデルと関連した「サステナブル・ハピネス(持続的幸福)」など、ウェルビーイングに関する最新のキー概念についても押さえていきます。

そして、PERMAに先立つウェルビーイングモデルである、「幸福理論(主観的ウェルビーイング理論)」についても当講座で詳しく見ていきます。現在、主観的ウェルビーイング理論の再検証に基づき、「セリグマンのPERMAモデルは不要であり、大衆向け心理学(ポップサイコロジー)の代物に過ぎない」とする批判論文も出てきています。プラクティショナーとして、各種現場で、「人のウェルビーイングを高める」という課題に実際にどのように向き合えばよいのか、先駆的なウェルビーイングモデルと併せて、PERMAモデルについて理論と応用の両面からクリティカルに検討していきます。

当コースで履修予定のテーマは主に次の通りです(順不同)。

*ポジティブ心理学とウェルビーイング

*「PERMAウェルビーイングモデル」の由来

「PERMAモデル」の構成概念

・ポジティブ感情(P)

・エンゲージメント(E)

・ポジティブな対人関係(R)

・意味・意義(M)

・達成(A)

幸福理論(主観的ウェルビーイング理論)の今

持続的幸福(サステイナブル・ハピネス)とウェルビーイング

PERMAウェルビーイング介入(ペンシルベニア大学ワークショップ形式)

なお、第1期で、セリグマンの「PERMAウェルビーイングモデル」を取り上げることに決定したのは、今春、ディスカヴァー・トゥエンティワンより、5年前に出版された、セリグマン著、『ポジティブ心理学の挑戦:”幸福”から”持続的幸福”へ』(原書は、Flourish: A Visionary New Understanding of Happiness and Well-being)に増刷がかかることになったことによります。それだけ多くの方々に本書が知られるようになった中で、本書で展開されている「幸福理論(主観的ウェルビーイング理論)」と「(PERMA)ウェルビーイング理論」について包括的に修得することは、「人のウェルビーイングを高める」という大切な課題に向き合うプラクティショナーにとって重要なことではないかと考えました。

とはいえ、ポジティブ心理学の研究と実践の本拠地であるアメリカのペンシルベニア大学でも、PERMAモデルを応用したウェルビーイングの実践的介入法が確立しているわけではありません。日本ではほとんど知られていない事実として、ポジティブ心理学の応用手法は、欧米におけるごく一部の限られた現場でしか定着していません。カウンセリングやセラピーといった従来の臨床心理学分野におけるポジティブ心理学の応用手法に至っては、欧米でも全く発展していない状況です。そのような現実を踏まえるとき、プラクティショナーが学術的に正しい知識を包括的に学び、実験精神をもって各種現場でウェルビーイングの向上に取り組むことが急務であることが分かります。

関西講座に関する講座構成案については、以前より複数候補あり、いずれも甲乙つけがたいものでした。東京で開催している「JPPAポジティブ心理学プラクティショナー養成・認定コース」とは異なる履修内容とした方がよいというのが、当協会の定例理事会や、ポジティブ心理学プラクティショナーコース修了生における一致した意見でした。ポジティブ心理学は包括範囲が広く、どのような切り口でも学習者にとって興味の尽きない講座構成とすることができます。

 

最終的に、『ポジティブ心理学の挑戦』重版出来という朗報が、講座構成に関する複数候補のうちの一案であった、セリグマンの「PERMAウェルビーイングモデル」を後押ししてくれた形となりました。ただ、「人のウェルビーイングを高める」という具体的な課題に対して、今後、PERMAモデルを上回るような有効な手法が現れるようであれば、来期以降の講座で取り上げていきます。その場合には、「ウェルビーイングプラクティショナー」のパイオニアとして第1期で学んでいただく受講生の方々に不公平とならないように、ブラッシュアップ講座などを通して新たな知識のフォローを行っていく予定です。

【新開講】JPPA第1期ウェルビーイングプラクティショナー養成・認定コース

(PWPC:Psychological Well-Being Practitioner Certificate)
2019年5月~10月(全12回)

プレ・オリエンテーション:2019年4月20日(土)13:00〜16:00

第 1回 : 5月18日(土)

第 2回 : 5月19日(日) 
第 3回 : 6月15日(土)
第 4回 : 6月16日(日) 
第 5回 : 7月  6日(土)
第 6回 : 7月  7日(日)
第 7回 : 8月24日(土)

第 8回 : 8月25日(日) 

第 9回 : 9月28日(土)

第10回: 9月29日(日) 

第11回:10月 5日(土)

第12回:10月 6日(日) 

土・日曜日共:10:00~17:00

*プレ・オリエンテーションは、当コースに関する説明会となります。講座概要のご紹介や、講座内容に関する質疑応答などを含みますので、当コースの受講を決めかねているという方も歓迎いたします。ただし、お申込み人数が定員オーバーとなった場合には、受講が決定されている方を優先させていただきます。なお、当コースを受講されるにあたってのプレ・オリエンテーションへのご参加は任意です(ご参加の有無はコース履修には影響いたしません)。
 

*当コースと、「JPPAポジティブ心理学プラクティショナー養成・認定コース(PPPC)」(東京講座・1年コース)とは講座構成も履修内容も異なりますのでどうかご注意ください。

*当コースのプレ・オリエンテーションと、3月30日(土)に東京で開催される「JPPA第4期ポジティブ心理学プラクティショナー養成・認定コース&JPPA認定第3期レジリエンス・トレーニング・コース合同説明会」とは趣旨が異なりますので併せてご注意ください。

会場:立命館大学 朱雀(すざく)キャンパス(京都市中京区)
(会場へのアクセスの詳細は受講生にご案内差し上げます。)

対象者:

・ウェルビーイングの概念をご自身の人生やキャリアに活かしたい方

・ウェルビーイングを高めるための実践的介入法を学び、各種現場で応用したい方

・ポジティブ心理学について、「PERMAウェルビーイングモデル」を通して学びたい方

・将来的に、ご自身で、または日本ポジティブ心理学協会の認定講師として、ウェルビーイングの教育普及活動に関わりたい方
・ウェルビーイングを中心としたポジティブ心理学やポジティブ組織開発のラーニングコミュニティに興味のある方

​※学生・社会人共、当コース開始時の心理学の知識や語学力の有無は一切問いません。

講師 : 宇野カオリ   

TA(ティーチングアシスタント): 菱田準子, 河村文宏

 

使用テキスト:
*『ポジティブ心理学の挑戦:”幸福”から”持続的幸福”へ』(マーティン・セリグマン著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)
その他、当コースで使用するテキストについては、受講生の方々に随時お伝えしていきます。

お申込方法:下のお申込みフォームにご入力ください。

・お申込みフォームを送信後、自動返信が届かない場合には、お申込みフォーム送受信時のシステム障害が考えられますので、お手数ですが弊協会事務局(practitioner@jppanetwork.org)までメールでご連絡ください。

・お申込みフォームのご入力でご不明な点がありましたら、お手数ですが弊協会事務局(practitioner@jppanetwork.org)までメールでご連絡ください。

受講費:
プレ・オリエンテーション:無料
コース受講料:360,000円(税込)※協会の年間会員登録費10,000円を含みます。

・お支払い方法は、お申込み受付後に送信される自動返信メールに記載されております。

・分割払い(2回払)をご希望の方は、お申込みフォームの項目にてその旨ご指定ください。なお、課程途中でのお支払い方法の変更も承っております。

・日本ポジティブ心理学協会のウェルビーイングプラクティショナー資格認定をご希望の方は、事前に弊協会の年間会員登録が必要となります。上記のコース受講料は年間会員登録費10,000円(税込)を含んでおります。会員登録のお手続き方法については別途ご案内させていただきます。

第1期定員:15名

お申込みの受付は先着順となります。

補足事項:

・当コースの修了要件としては、原則的に計3回まで欠席が可能です。

・上記授業日程で出席の都合がつかないという受講生の方には、授業の録画ビデオを視聴してフォローいただくか、来期以降の当コースの履修内容で該当する授業日程に振替受講いただくか、いずれかの方法を選択いただけます。詳細については、講師に直接ご相談ください。

・お仕事やご家庭の事情などでやむなく欠席が規定回数を超えてしまい、講座の継続が不可能となった場合には、当コースの来期以降の無料振替制度をご案内いたします。詳細については、講師に直接ご相談ください。

※長い目で見ますと、資格取得よりも大切なのは、「自分にとって本当に役に立つことが学べたかどうか」です。そのため、欠席される場合には、授業の録画ビデオ視聴であっても、来期以降の当コースの振替受講であっても、「学ぶ経験」が損なわれぬよう、講師一同、最大限配慮いたします。

・ポジティブ心理学は刻一刻と発展を遂げる、まだ歴史の新しい学問分野です。当コースでは最新の研究動向や実践介入法についても扱っていきますが、当コース修了生には無料でご参加いただけるブラッシュアップ講座(対面またはウェビナー形式)を定期的に実施いたします(ご参加は任意です。なお、当該年度に弊協会の会員である必要があります)。