Copyright © 2011-2019
Japan Positive Psychology Association,
All rights reserved.

Contact

Address

〒113-0001
東京都文京区白山1-33-8-301

 

<郵便物受付>
〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-8-2  八木ビル301

JPPAプラクティショナーコース&レジリエンス・トレーニングプログラム修了生が、ポジティブ教育に特化した団体を設立しました。第1回目のセミナーが開催されます。ぜひご参加ください。

現役スクールカウンセラーから見た今子どもに必要な力 ~「なぜ子どもにレジリエンスが必要か?」

現代の子どもたちは、いじめやSNSなどでの友達とのコミュニケーションなどの人間関係や、受験や将来の進路、家庭環境など多くのストレスを抱えていると言われています。 

そういった環境を受けて子どものうつや自殺が社会問題になっていますが、一方では、困難を乗り越えて成長する子、意欲を持って難しいことにも挑戦していく子、将来の夢に向かって努力を続ける子・・・など、毎日をイキイキと過ごす頼もしい子どもたちもたくさんいます。 

そんな子どもたちは何が違うのでしょうか? 

そのカギの1つが「レジリエンス(逆境を乗り越える力)」と言われています。

レジリエンスが高い子どもは、直面する問題に安定した精神を持って対応することができます。そうして問題を解決することができると、それが自信となって本人に蓄積されていきます。

レジリエンスは高められます。

今回は、NPO法人フラーリシング・エデュケーション・ジャパンの理事でスクールカウンセラーであり、JPPAの認定レジリエンス・トレーナーでもある福井と一緒に「なぜ子どもにレジリエンスが必要なのか」について考え、また、どのように子どものレジリエンスを高めることができるのかについてをご紹介したいと思います。

子どものレジリエンスを高めるには、まずは接する大人自身もレジリエンスを高めていくことが重要です。
本セミナーでは、ご参加の皆さまが日常ですぐ活用できるスキルをお伝えいたします。

 

「子どもが何回も注意したことをやらない、できない」
「子どものため(相手のため)にと思ってやったのに、喜ばない(もしくは効果がないなど思い通りにならない)」
「ママ友から感じの悪い対応をされた」
「仕事で疲れて家に帰ったら、配偶者の機嫌が悪い」
「仕事でうまくいかなかったときの上司の視線が気になる」

「新しい環境を控えて、不安がある」

 

などなど、生きているとちょっとした逆境は数多く発生するかと思います。そんなときにこのスキルを使っていただき、レジリエンスを高めることの効果をぜひ体感いただければと思います。

【開催概要】 
日時:12/16(土) 10:00-12:00 

場所:丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分以内(詳細は申込者へご案内します) 

内容:なぜ子どもにレジリエンスが必要か 
子どものレジリエンスの高め方 

講師:福井達雄 
NPO法人フラーリシング・エデュケーション・ジャパン理事
スクールカウンセラー/臨床心理士 
日本ポジティブ心理学協会認定ポジティブ心理学プラクティショナー/認定レジリエンス・トレーナー 

参加費:2,000円/名 
※当日会場でお支払いください

申込み:

http://ptix.at/8hDF0d

(申込締めきり12/12)

◆こんな方におすすめです!

子どもと接する職業の方 
その他子どものレジリエンスや教育に関心のある方 
子育て中の方 

◆NPO法人フラーリシング・エデュケーション・ジャパンについて

フラーリシング・エデュケーション・ジャパンは、教育の目的はフラーリッシュ(持続的な幸福/繁栄すること)を実現することであるという信念のもと、子どもたちによりよく生きる(ウェルビーイング)ために役立つポジティブ心理学や脳科学などの科学的な知見をベースとした教育理論や手法を届けるために活動しています。 
https://www.flourishingeducation.org/

◆日本ポジティブ心理学協会レジリエンストレーニングについて

日本ポジティブ心理学協会「レジリエンス・トレーニング」は、認知行動療法や人間本来の力を引き出すポジティブ心理学、本邦初公開となるレジリエンスの7つのスキルと方法論など、最新の心理学的アプローチに基づいたプログラムです。

プログラムを構成する方法論は、米国ペンシルベニア大学マーティン・セリグマン博士の指導の下で開発されたもので、教育機関から企業、軍隊まで劇的な成果を上げ、各界で話題となってきた世界最高峰のトレーニング方法です。

本セミナーでは、このトレーニングを実際に体験いただきながら、子どもへの働きかけの仕方をご理解いただきます。

ポジティブ教育講座のご案内